ANAカードを発行している会社は複数あり、
それぞれが独自のサービスを提供しています。

もちろん、入会ボーナスマイルやANAカードとしてのキャンペーン等
各カードに共通した部分もあるのですが、
発行会社のサービスによって異なる部分も多いです。

ANAカードの発行会社

三井住友カード

まずはCMでもおなじみ、三井住友カードです。
ANAカードの中では、ANA VISA/Masterカードを発行しています。
また、ANA VISA Suicaカードを発行しているのもこちらです。

他の発行会社との大きな違いは、
ANAマイルへの移行手数料が6,000円(税抜)と比較的高額なこと
(ただし、裏技を使うことで節約可能です。
また、ゴールドカードは手数料無料です。)、
そして、マイ・ペイすリボにより獲得ポイントが2倍になることです
(通常ポイント1倍+ボーナスポイント1倍)。

サービス面も最大手だけあって充実しており、
会員向けのインターネットサービスも洗練されています。

JCBカード

続いてこちらも業界最大手、
日本が誇る国際ブランド、JCBを擁するJCBカードです。

ANAカードでは、ANA JCBカード、
そしてANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を発行しています。

年会費完全無料のANA JCBカード Zeroなんてカードもあり、
ANAマイルへの移行手数料も年間2,000円(税抜)と
比較的お手頃なのが特長と言えると思います。

一方、三井住友カードのように
リボ払いでポイント2倍!というようなパンチの効いたサービスは
ないので、地道にマイルを貯める感じになると思います。

ただし、ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)は
ちょっと特殊なカードで、持っているだけで
とあるポイント移行ルートの還元率が一気に高まる、
非常にお得な、かつ近年の陸マイラー的には最重要なカードです。

アメリカン・エキスプレスカード

続いては、出かけるときは、忘れずに(笑)、
アメリカン・エキスプレスカードです。

ANAカードでは、ANAアメリカン・エキスプレスカードを発行しています。
こちらのカードは、アメックスならではの付帯サービスと、
それから何と言っても入会キャンペーンがお得なのが特長です。

ダイナースクラブカード

そして最後にダイナースクラブカードです。

こちらも前述のアメリカン・エキスプレスカードと同様に、
ステータスの高いカードという位置づけになり、
ダイナースの付帯サービスが受けられる点が特長と言えます。

番外編:ソニーファイナンス

実は、上に書いた4社以外にも、過去にANAカードを発行していた
クレジットカード会社が存在します。
それが、ソニーファイナンスです。

以前、ANA eLIOカードというカードが存在していて、
リボ払いで獲得マイルが2倍になる、
Edyチャージでもポイント(マイル)が貯まるなど、
非常に使い勝手がよく私もメインカードとして
利用させて頂いていました。

というわけで、各カード会社から提供されるサービスも踏まえ、
好みのANAカードを見つけてください。