ANA JCBワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカードは、JCBカードが発行するANAカードのうち、いわゆるゴールドカードに相当するランクのカードになります。

ANAカードの券面は、基本的にANAのコーポレートカラーを踏襲したブルーになっていますが、このANA JCBワイドゴールドカードの券面は落ち着いたゴールドで、かっこいいです。

さて、このANA JCBワイドゴールドカード、ゴールドカードならではのサービスはもちろん、ANAカードならではのサービスもいろいろと用意されていて、使い勝手のよいカードです。



ANA JCBワイドゴールドカードをオススメするポイント

それでは、そんなANA JCBワイドゴールドカードのオススメポイントを紹介してみたいと思います。

ビジネスクラス専用カウンターが利用可能

空港に着いたらエコノミークラスのチェックインカウンターが長蛇の列でチェックインまでに時間がかかって、慌しく出国手続き…そんな経験はありませんか?
ANA JCB ワイドゴールドカードを持っていれば、ビジネスクラス専用カウンターが利用できるので、楽々チェックインが可能です。
長蛇の列を尻目にビジネスクラスカウンターで悠々チェックインするのは気分のよいものです。

Edyチャージでもマイルが貯まる

電子マネーのEdyはANA JCB ワイドゴールドカードにも搭載されていますが、このEdyへのチャージでもマイルが貯まります。
以前はEdyへのチャージでもマイルが貯まるクレジットカードが多くありましたが、今となってはほぼ絶滅しています。
ANA JCB ワイドゴールドカードなら、Edyへのチャージ200円ごとに1マイルが貯まりますので、利用時の獲得マイル(200円ごとに1マイル)と合わせると、200円で2マイルという計算になります。

ボーナスマイルが充実

通常入会時・継続ボーナスマイル 2,000マイルと、持っているだけで毎年2,000マイルが必ずもらえます。
また、フライトに対するボーナスマイルとしても、ANA便への搭乗時、もらえるマイルは25%増しになります。

海外旅行の際に加入する旅行保険(傷害保険)は、一般的な内容だと一週間の旅行で5,000円程度が必要になります。
ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は14,700円ですから、単純に計算すると、他のメリットを全て無視しても、3回旅行に行けばANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は元が取れることになりますね。

保険が充実

海外旅行傷害保険の補償額は最高1億円、そして国内旅行傷害保険は最高5,000万円まで補償されます。
もちろん自動付帯なので、特に手続きをする必要も無いですし、航空券の代金やツアー代金をANA JCB ワイドゴールドカードで支払っていないと対象にならない、というようなこともありません!

そして、実は同じANA ゴールドカードの中でもJCBだけ補償額が大きくなっており、非常にお得感があります(旅行代金をANA JCBワイドゴールドカードで支払った場合)。

空港ラウンジを無料で利用可能

多くのゴールドカードと同様ですが、ANA JCBワイドゴールドカードを持っていれば、空港にあるラウンジを無料で利用することができます。
ラウンジが利用可能な空港は、羽田空港や成田空港はもちろん、国内はほとんどの空港を網羅しています。
また、ホノルル空港等、海外の空港でも利用可能なラウンジがありますので、国際線での長い待ち時間も有効活用できますね!

ANA JCB ワイドゴールドカードで利用可能な多くの空港ラウンジでは、ソフトドリンクや、新聞、雑誌、旅行ガイドといったサービスが無料で楽しめます。
また、最近では無線LANによるインターネットも楽しめる空港ラウンジが多いです。
もちろん、空港ラウンジ内での無線LAN利用も無料です。

その他にも、様々な特典があり、ANA JCB ワイドゴールドカードはコストパフォーマンスがピカイチだと評判なのです。